増資手続きの基本的な流れ(株主割当増資)

増資手続きは手順を間違えなければ簡単です

株主割当増資とは?

増資の前と後で株主のメンバーと出資割合を変えない増資方法です。

つまり現株主以外は株式を買い取りませんので、他人が経営に参加する事はありません。

株主割当増資手続きの流れは?

1.株主総会決議で募集事項を決定

2.取締役会決議で募集事項を決定

3.既存株主に対して通知を出す

4.既存株主から新株を引き受けの申込を受ける

5.割当を受けた株主が払込金額の全額を払い込む

6.必要書類を全て用意し、管轄法務局へ増資の登記申請

増資手続に必要な書類は??

  • 株主総会議事録
  • 取締役決議書(不要な場合あり)取締役会設置の場合は取締役会議事録
  • 資本金の額の計上に関する証明書(※1)
  • 株式引受書
  • 払込証明書(※2)
  • 変更登記申請書
  • ※1 この書類は会社設立時に作成した資本金の額の計上に関する証明書とは書式が異なりますので、どうぞご注意下さい。
    ※2 払込証明書は、会社設立時に作成した払込証明書と同じ書式でOKです。
    しかし、払込証明書と一緒に綴る合綴する通帳のコピーは「法人名義の通帳」になります。
    会社設立時は資本金の払込は個人口座への払い込みでしたが、増資登記の際には既に会社が出来上がっていますのでから増資金額の振込み(入金はダメ×)は個人口座ではなく法人名義の口座への払込になります。

    会社設立時と同様に考えて誤解してしまう方が沢山いらっしゃいます。どうぞご注意を!

    増資手続に必要な費用は??

    増資額の1000分の7(最低3万円)

    その他、その他各専門家に議事録作成や定款変更、登記申請を依頼すると法定費用に加えて更に3~6万円程度の報酬が必要になります。

    増資登記手続きは書式を使って自分でトライ!

    書式を使って増資手続きは完了♪

    分かりやすいマニュアル+穴埋めの形式のWORDファイルなので、全くのど素人でも簡単に書類作成♪

    費用を抑えて増資手続きを安心・安全・無事に終えたい方にはお勧めです。

    株主割当、第三者割当どちらにも対応でしかも大好評の特典つき♪。

    このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ

    | コメントは受け付けていません。 |

    カテゴリー:会社経営で最低限知っておきたい豆知識 会社設立後の諸手続き 増資手続き

    トラックバック&コメント

    コメントは受け付けていません。


    会社設立マニュアル書式集

    スポンサードリンク

    このページの先頭へ