本店所在地の記載の方法

本店所在地はきっちり決めておきましょう

新会社の拠点(本社)のことを、登記事項証明書や定款においては『本店』と呼びます。

この本店の所在地をどこにするかで、どの法務局に登記申請するか決まりますのでご注意くださいね。

登記する際の本店所在地の表記の仕方

「東京都中央区中央町1番地1」

といった形で地番まで決めておきます

1番地1を”1-1”としてもOKですし、

中央町1番地1⇒中央町「字中央」1番地1

いった具合に「字(あざ)」まで表記してもかまいません。

絶対にこうでなければ登記できないというルールはありませんので、それぞれの事情に合わせて住所表記を考えてくださいね。

定款の本店所在地の書き方は2種類あります

  • 「東京都中央区」のように、具体的な番地を記載しない方法
  • 「東京都中央区中央町1番地1」のように、具体的な番地まで全部記載する方法
  • 一つ目の方法は、同じ市区町村で本店を移転した場合は、株主総会の特別決議をして定款を変更する必要がありません。

    この場合、移転先の具体的な住所に関しては、取締役会の決議で定めることになりそれを登記申請書に添付するだけでOKです。

    二つ目の方法は、同じ市区町村で本店を移転した場合でも、株主総会の特別決議をして定款を変更しなければなりません。

    定款をいちいち作り変えるのは面倒ですし、株主を集めたり了承を取るのも大変です。

    設立の際に発起人会議事録(本店所在地決議書)で本店所在地を決めておき、定款には具体的な番地を記載しない一つ目の方法をお勧めいたします

    このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

    タグ

    | コメントは受け付けていません。 |

    カテゴリー:定款記載事項の決め方 株式会社の基本事項を決めましょう

    トラックバック&コメント

    コメントは受け付けていません。


    会社設立マニュアル書式集

    スポンサードリンク

    このページの先頭へ