出資金を払い込んだ後に使った場合は?(増資)

急いで振込みしたのに~

急いで振込みしたのに~

先日直接増資手続き登記のご依頼をいただいたお客様※より

「増資するつもりで会社の口座に***万円を振り込みました。でも、その後手続きをもたもたしていたら支払い等でどんどん引き落とされているんですけれども・・・汗」

※セルフキットではなく、全ての手続きをご依頼いただく場合、最後の登記部分は提携司法書士にお願いしております

・・・とのご相談をお受けしました。

あなたならどうされますか?

出資金の払込完了後に使った場合・・

答えは簡単です。

全く問題ありません

通常、増資手続きにおいては出資者が払い込んだ事の証明として
払込証明書に、通帳のコピーを綴じ、契印をして提出をします。

これを法務局の登記官の立場になって考えて見ますと、

要は「誰がいつ払い込んだ」という事実が分かればOK。振込み後に会社運営に必要な経費が引き落とされようとそれは全く自然な事だから問題ない”

となるのではないでしょうか?

注意点をひとつ

ただし、会社の作り方と同じく、


資本金に充当する出資金を払い込んでから2週間以内に登記を完了させる必要がある

という期限の事は忘れないようになさってくださいね。

(厳密には2週間を過ぎたからといって必ず過料が課されるわけではないそうです。
とはいえ、ルールはルール。微妙な時は事前に法務局の窓口に相談しておく事にいたしましょう)

増資登記手続きは書式を使って自分でトライ!

書式を使って増資手続きは完了♪

分かりやすいマニュアル+穴埋めの形式のWORDファイルなので、全くのど素人でも簡単に書類作成♪

費用を抑えて増資手続きを安心・安全・無事に終えたい方にはお勧めです。

株主割当、第三者割当どちらにも対応でしかも大好評の特典つき♪。

プロもこっそり使っている増資手続き書式マニュアルとは?

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ


会社設立マニュアル書式集

スポンサードリンク

このページの先頭へ